クロード・ボリング『フルートとジャズ・ピアノ・トリオのための組曲』

11/10の「3歳からの楽しいクラシック」

で、白石光隆さんが曲紹介していたので、おそらく白石さんの選曲で演奏された

アイルランド風」

という曲が含まれるアルバム。

作曲家クロード・ボリングがフルート奏者ジャン=ピエール・ランパルに依頼を受けて制作した。

クラシックとジャズという二つのジャンルをクロスオーバーさせた記念碑的作品、とのこと。

こういうジャンルの音楽があるんですね。

新しいジャンルを知れた喜びと、それぞれの楽曲の鮮烈さに衝撃を受けました。

白石先生のさりげないチョイス一つに、底知れない音楽知識の深みを感じてしまいます。

というわけで、今日のお勉強です。

クロード・ボリングについて

  • 14歳でプロとしてピアニストになった神童
  • 60’sジャズリバイバルブームの主役
  • 100を超える映画音楽を作曲
  • ランパル始め多くの著名クラシック演奏家と共演
  • 俳優としても活動

ジャン=ピエール・ランパルについて

  • 20世紀最大のフルート奏者とみなされている
  • フルートという楽器をピアノや弦楽器と同等な表現力を持つものということを認知させた
  • 数多くの世界的オーケストラと共演
  • ジャズピアノのボリングやシタール奏者のラヴィ・シャンカルと共演。

3歳からの楽しいクラシック@東京文化会館 行ってきました

爽やかな秋晴れの中、家族全員で行ってきました。

じいじ、ばあばも来てくれましたので計6人で行きました。

最後に演奏されたコンチェルティーノの、中間部の長いフルート独奏からテーマに戻りまた緩やかにピアノが入ってくるところの美しさに、心を打たれました。

クロード・ボリング:『フルートとジャズピアノのための組曲』より 第5番「アイルランド風」という曲はクラシックともジャズともポップスともつかない曲で気に入りました。

場所

東京文化会館

時間

14:00-15:00

出演

フルート

上野由恵

ピアノ

白石光隆

プログラム

  1. サティ:ピカディリー(ピアノ独奏)
  2. ビゼー:『アルルの女』より「メヌエット
  3. リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行
  4. 細川俊夫:線I(フルート独奏)
  5. ドビュッシー:『子供の領分』より 第1曲「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」(ピアノ独奏)
  6. クロード・ボリング:『フルートとジャズピアノのための組曲』より 第5番「アイルランド風」
  7. プライアー:口笛吹きと犬
  8. シャミナード:コンチェルティー
プレイリスト(Apple Music)

‎播磨克幸の「2018/11/10 Music Program Tokyo 3歳からの楽しいクラシック 東京文化会館 小ホール 演奏予定曲」をApple Musicで

通勤電車で作曲し、そのままSoundCloudでシェアできるって素晴らしい

通勤に利用している埼玉高速鉄道某駅から駒込までで、頭に浮かんだフレーズを16小節ほど制作しました。

今研究中のフルートとピアノの編成です。

私が使っているiPhone作曲アプリ「Music Studio 2」は、フルートの音が個人的にはまあまあ良いなと思ってまして。

ピアノの音は、そこそこですが、少ない容量の中で音楽的に鳴るように工夫したんだろなぁと。

いずれにしろ、モバイルなので、贅沢言えない、というか、十分だと思います。

本格的に作り込むなら、MIDIデータでエクスポートして、PCで作り込みも可能ですが、アプリで作った曲をそのまま、ShareボタンでSoundCloudにアップロードなんかも出来る機能もあり、個人的にはこれがすごいなと、思っております。

スマートフォンで曲を作り、そのままSoundCloudにシェア。

soundcloud.comこれだけ気軽に作った音楽をシェア出来る仕組みが整っているのだから、きっと世の中にはもっともっと聴かれていない隠れた名曲は沢山あるんだと思います。

下はDAWに取り込んでKONTAKTの音に差し替え、更にフレーズを追加したもの。さすがに音のクオリティの差は歴然ですね。

soundcloud.com

音楽制作のスタイルは千差万別で、どれが正解かなんて存在しないと思いますが、通勤電車で浮かんで指先で紡いだフレーズと家の音楽部屋で鍵盤の前で腰を据えて作った曲、出てくるフレーズは違うのではないか、というのは結構興味がありますね。

同じ人が作っても、ウィーンで作るフレーズと、ジャマイカで作るフレーズは、結構差があるはず。

そういう意味では環境がその人の音楽趣味を決めるわけで、二人の子を持つ音楽好きな親の端くれとしては、子供達が良質な音楽を聴く環境を作ってあげる責任はあるなと思っている次第です。

今はポケモンやワンピースの曲ばかりだけどね。

そういう意味では、明日の

3歳からの楽しいクラシック | イべント情報 | アーツカウンシル東京

は、大切な機会ですので、楽しんでまいります。

2018/11/1 室内楽のアラカルト ヤマハホール セットリスト プレイリスト

セットリスト

  1. ゴーベール: ロマンティックな小品(フルート・チェロ・ピアノ)
  2. ドビュッシー : シランクス(フルート)
  3. ドビュッシー : チェロとピアノのためのソナタ(チェロ・ピアノ)
  4. ヴィラ・ロボス : ジェットホイッスル(フルート・チェロ)
  5. C.P.E.バッハ : トリオソナタ ニ長調 Wq.151より 第一楽章(フルート・チェロ・ピアノ)
  6. ウェーバー : フルートトリオ ト短調 Op.63(フルート・チェロ・ピアノ)
  7. (アンコール)アイルランド民謡 : ダニーボーイ(フルート・チェロ・ピアノ)

演奏者

フルート : 上野由恵

チェロ : 中木健二

ピアノ : 三浦友理枝

Apple Music プレイリスト

https://itunes.apple.com/jp/playlist/2019-11-1-%25E5%25AE%25A4%25E5%2586%2585%25E6%25A5%25BD%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588-%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25A0/pl.u-DdAN8PNTmdzrGM

‎播磨克幸の「2019/11/1 室内楽のアラカルト プログラム」をApple Musicで

スクリーンショット

f:id:dentaq:20181108084608p:image

道具としてのITは、理解した。次にやるべきことと、フルートの音楽について。

ITを使ってものを考え作るフェーズへ。

当ブログを技術ブログから雑記ブログにスイッチしようとした理由として、

  • 道具としてのITは、理解した
  • それを使った表現に、集中していきたくなった

ということが挙げられます。

具体的には、

をそれぞれ会得し、自分の表現したい世界はある程度ストレス無いレベルで実現出来るようになりました。

また仕事が書くことからコミュニケーションに比重が高まり、技術Tipsとしてブログネタに出来るような内容が日頃起こりにくくなって久しい、という変化も一方であります。

道具の使い方は、十分わかった。

道具の種類も、だいぶ増えた。

これを使って、表現していくこと。

それが、次にやるべきこと。

さぁ、アウトプット増やしていくぞー!

デジタルカウボーイとしてのアドベンチャーはまだまだ続きます。

 

ピアノとフルートの為の音楽、制作開始。

早速だが昨日は、今はまっているフルートとピアノのための音楽を作り始めた。

フルートがこんなメロディを奏でたらいいなという旋律を自由にCubaseのピアノロールエディタ上に置いていく。ピアノも同様にする。ひとまず、ベタ打ちでこのようになった。

https://www.dropbox.com/s/0r0hbq5knjhu7ep/PF%2BFlute1107.wav?dl=0

聞き返してみるとフルートの音の動きがひょっとしてハービー・ハンコックのドルフィン・ダンスに似ているかなとも思ったが、それほど似てもいないかもしれない。

少し気になるが、このまま前へ進む。今回は、フルートがピアノが、こういう音色を響かせてくれたらいいな、という願望を曲に込めるのみ。

あと今、環境入れ替えの途中なので、ソフトシンセがCubase LE付属のHALion SONICしか使えない。KONTAKTの方が品質高いので、早く差し替えたい。

曲が完成したら、Unityまたはpremiereでイメージムービーを作って、youtubeにアップしてまいります。

 

クラシックの勉強も開始。転調に興味がある

自分で曲を作る一方で、クラシックの勉強もフランスのフルート音楽中心に進めている。クラシックを勉強する事でポピュラーとの共通点を見つけたり、ジャズの自由奔放な良さも再発見する事になる予感がしている。クラシックを勉強していて一番刺激的なのは転調なのかなぁと思っている。例えばシャミナードのコンチェルティーノなど、美しい旋律と共にポピュラーやジャズではなかなかお目にかかれない転調が出てきてハッとさせられる。むしろ転調という部分だけをみるとプログレッシブ・ロックに近いのかもしれない。

 

まとめ

  • ITの使い方はマスターした。これからはそれらを用い作品を作ることに集中していく。
  • ピアノとフルートの為の音楽を作り始めた。
  • クラシックの勉強もしている。特に転調に興味を持っていて、追求していきたい。

はてなブログは、一番書きやすい。

そうなんです。

一番書きやすい。

書くことに集中出来る。

だから続いているのです。

k2hrm.orgがワードプレスですが、

書くことに集中出来ない致命的なバグがありまして。

それは、モバイルアプリで、公開済み、下書き、の内容が、更新かけても最新にならないという不具合になります。

なので、技術も一般も含めてここに一本化しようかと思っているのです。

ここはもともと技術ブログですが、よくよく考えると技術とは関係ない投稿もありましたし、技術については今はQiitaの方が書きやすさも、場としての盛り上がりの点でも、軍配が上がるかなと思ってます。

以上により、本ブログをしばらくの間、雑記ブログとして運用していきます。

そうと決まれば、更新頻度上げていきますので、引き続きよろしくお願いいたします!

 

dentaqかぶり問題と、そもそもの由来について。

はてなidをdentaqにしたこと、そして結果としてはてなダイアリーがウェブのアクティビティで一番長続きしたこと、から、他のアカウントもdentaqから動かしにくいという状況がまずある。

一方でこれからの当アカウント運用を考える時、dentaq systemsというシステム会社があるらしくこちらとかぶるという問題が最近自分の中で浮上してきている。

今のところそんなに弊害はないが、あまり良い状況ではないなと思ったりもして、これを機にk2hrmに完全移行しようかなどとも思ってみたり。実際、一瞬変えてみたりもした。

(技術以外の話は、k2hrm.orgで書いてます!また、家族の話は、mitsudama.jpにて書いてます!こちらもよろしくお願いします!)

そもそも僕の方のdentaqの由来は、2009年頃、「パソコンは絵も音楽もなんでもできるから、ウェブでのハンドルネームは万能計算機で行こうと思う。」とデジタルクリエイティブへの気合いを込めた決意を、未来のミセス・ハリマ(つまり、今の妻)に話したら、「電卓の方がいいな」といわれ、それだ!と思って使い始めた、思い出深い名前なのである。

さてあの日の誓いから約10年、万能計算機dentaqを使いこなすスキルはスローながらも着々と上がり、html/cssのコーディングから入って現在はシステム全体を俯瞰的に見るような視点から仕事をするに至っている。クリエイティブも子供と楽しんで動画を作り岡本太郎さんのウェブメディアで取り上げられたり、ゲームやメディアアートにまで視点を広げてモノ作りを考えられるようになった。しかしこれで目標は達成しているのだろうか?あの頃思い描いたいたのはもっと圧倒的なアウトプットだったはずである。仕事も気付けばクリエイティビティとはかけ離れた事にどっぷり浸かってしまっている。この会社に入って、コードは書かずにlinuxコマンドやSQLやgitコマンドをちょこっと叩くのみ、という状況になってもうどれくらい経つだろう。仕事は仕事としてビジネス然としていて、気に入っている。子供に「パパは今スーパーのレジを無人化するような仕事をしているんだよ」などと語る事ができるのは誇らしいことだ。そういう意味では僕を採用してくれた今の会社にはとても感謝している。仕事をそっちで行くのなら、仕事以外でのクリエイターとしての時間をきちんと確保できるよう、仕事をテキパキと終わらせる工夫をしよう。

あるいは一方で、自ら志願してフロントエンドエンジニア〜Unityエンジニアの続きをこそやるべきなのかもしれない。

もっぱら年齢の関係で、ディレクター的なポジションにいるというのはあるって思う。二人の息子のパパなんかをやっていると、割と慕われやすい雰囲気なんかもあったりもして。それは意外と年功序列的な風土もある今の会社にいるとそう感じやすいのかもしれないが、そんな壁は振り払って、Unityの続きをとことんやり尽くしたいという思いも大いにある。

そうだよ、既成概念なんて足かせだよ、ユーやっちゃいなよ、と語り掛けてくるもう一人の自分が、じつは一か月くらい前からいる。

こんな煮え切らない事言ってる男の仕事っぷりってのはやっぱり、煮え切らないんだろうね。それは評価にも現れてる。

業界に入った時から目標としていたcss-eblogのえどさんが華麗なパーティクルを駆使した自作のUnity AssetをSNS上で紹介しているのを目撃したりしてしまうと、また、僕の心は大きく揺らいでしまうのである。

さて、結論。

Dentaq systemsさんには被ってしまい申し訳ないけれど、万能計算機を駆使するウェブクリエイターとしてのアイデンティティdentaqを、今のところ、もう少しの間、使わせて頂きたい。

いずれk2hrmに統合されるとしても。

やっぱり本名っていうのは、最も強力なidだからね。

でも今は初心に帰ってdentaqもやっていきたい。そんな気分です。