HTML5でiPhone/Androidアプリを作ろう (Phone Gap入門 - 1)

HTML5によるAndroidアプリ「はてぶリーダー」を作るにあたり利用したのがこの「Phone Gap」というツールである。

HTML5によるアプリ制作の利点としては、iOS向け、Android向けを問わず、ひとつのプログラムソースから各プラットホームに対応したネイティブアプリを生成可能である点があげられる。
私も代表的なオーサリングツールのひとつ、PhoneGapを使用しまずはAndroidのネイティブアプリ作成してみた。
基本的な流れは
1.Eclipseの準備(Android開発環境の構築と同様)
2.HTML5コンテンツの作成
3.PhoneGapによるアプリの生成
4.アプリ(.apk)のアップロード
5.ダウンロード用ページの作成
6.端末にダウンロード
となる。
詳細は文末のリンク先の記事を良く読むことで、
自作アプリのオーサリングの方法がわかる。

実は何も知らない私がしばらくの間疑問だったのは、
Phone Gapにより生成された多くのファイルのうち、
どのファイルをアップすればよいのか、という点。
フォルダ丸ごと?それともひとつでいいの?
これについては調べたらなんてことはない。
生成された.apkファイルひとつをサーバーに上げるだけでよい。
\workspace\プロジェクト名\bin\
内の、拡張子が.apkのファイルをサーバに上げる。
このアプリを勝手サイトからダウンロードし端末に登録するには、
Androidマーケット以外からダウンロードしたアプリのインストールを許可する設定を行う。
方法は、ホーム画面でメニューボタンを押して[設定]を選択→[設定]から[アプリケーション]を選択→[アプリケーション設定]の[提供元不明のアプリ]をチェック。

以上、まずは簡単にPhone Gapを使ったiPhone/Androidアプリの作成方法をざっと紹介してみた。
感想としては、HTMLで手軽にアプリを作れるから、僕のようなプログラムに疎い人間も夢が広がる。
敷居が低いということは、無条件に、良いことだ。

参考サイト(1) Phone Gapのインストール〜アプリの作成まではこちら
http://phonegap-fan.com/install3.php

参考サイト(2) 1)で作成したアプリをサーバに上げAndroid端末にダウンロードするまで
http://gihyo.jp/dev/serial/01/androidapp/0003?page=1